TOEIC900点への道のり(中級者編)

苦手分野の補強を早めに行いましょう

中級者の方は、ある程度、英語学習にもなじみ、TOEICも一回くらい受験した経験があるかもしれません。

このレベルの方は、弱点補強が重要なテーマになってきます。

そして、大半の方がリスニングを苦手としています。

というのも、リーディングは中学校一年生からずっと重点的に行っているのに対して、ネイティヴの英語を聞く時間は圧倒的に少ないからです。

ですから、社会人になって「英語を勉強しよう」と一念発起した場合、今までかけた時間が少ないリスニングを苦手とする方が多くなるのはごく自然なことなのです。

リスニングでオススメな教材については、別記事でランキング形式に纏めましたから、こちらを参照してみてください。

点数を取るテクニックを学んでみよう

中級者になって、スコアが500点~600点くらいを取れるようになると、それ以上の点数の上積みは難しくなってきます。このくらいのスコアが取れるということは、基礎力は十分にあると考えて良いのですが、これ以上の点数を取るためには、TOEIC対策を専門に行うことが必要になってきます。

いわゆる「試験対策」というものです。

TOEICも資格試験ですから、出題される問題には歴然とした傾向がありますし、それに合わせた対策を行えば、スコアが伸びるのは当然です。

ですので、「ここ一番でスコアを伸ばしたい!!」と考えるのであれば、TOEIC対策の英語教材を使ってみるのもよいでしょう。

私が個人的におすすめなのは、奪取730点 TOEIC(R)テスト攻略プログラムです。

TOEICの問題のクセや傾向、制限時間内に解く訓練、捨て問題の見分け方等、高得点のためのテクニックや「学習スケジュール」まで、TOEICのスコアアップのための内容が全て盛り込まれています。

とにかく教材の指示に100%従って学習を進めていけばよいのです。

学習を進める上で感じる、この安心感は、非常にありがたいものです。

このような試験対策教材を使って、是非、スコアアップを図ってみてください。

TOEIC900点はこの延長線上にあるのですから。

この記事で紹介した英語教材の詳細情報は以下のリンクからご覧ください

サブコンテンツ

このページの先頭へ