「~があります」はhaveを使う

中学生の時、haveは「~を持っている」と習いましたよね。

I have a pen.みたいな簡単な文章から勉強し始めたものです。

しかし、haveは非常に奥が深い動詞で、たびたびノンネイティブである我々を悩ませることがあります。

私は、中学生の時、以下の文章に悩まされました。

We have much snow in winter.(冬には、雪がたくさん降ります)

この「雪がたくさん降る」と言いたいのに、なぜ「雪を持っている・・・なの?」と悩まされたものです。

このように、「~にある」という存在する事実を表現するのに「have」を使うことがあります。

たとえば、こんな文章です。

We have a branch office in Paris.(私の会社には、パリに支店があります)

We have a good subway system in Tokyo.(東京には便利な地下鉄システムがあります)

このように、自分たちに密接にかかわっているものが存在するということを表現する場合には、「We have~」を使用すると便利です。

私も、この表現は幾度となく特訓しましたので、今ではむしろ得意ですよ(笑)

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ