おいしそう!(It looks delicious.)

ホームパーティーにお呼ばれして、あいさつを済ませ、席に着くと、目の前に料理が並んでいたとします。

ホスト役の家族が手間暇かけて作った料理は、とてもおいしそうです。

たくさんの賛辞と、ちょっとのお世辞を込めて「とても美味しそうですね」と言いたい時、こんな言い方はいけません。

It appears delicious.(一見おいしそうに見えるけど、実際はどうかなぁ~)

こんなこと、相手に伝えてしまったら、二度と呼んでくれないに違いありません。

appearsという動詞は、確かに「~のように見える」という意味なのですが、ちょっと使い方に気を付けなければいけないのです。

「とても美味しそうですね」というのは、英語ではこのように言うと良いでしょう。

It looks delicious.

lookとappearの違いは、lookが「実際も中身も、~のように見える」という意味なのに対し、appearは「外見は~のように見える」という意味になります。

つまり、appearは、「見た目は~のように見えるけど、実際のところはわからない」というニュアンスを含んでいるのです。

appearとlookを使った例文を、もう一つ紹介しましょう。たとえば、こんな感じです。

He appears a weak person.(彼って、弱そうに見えるよね)
※実際には、強いかもしれない

He looks sick. Why don’t we call an ambulance?(彼、具合悪そうだよ。救急車呼ぼうか?)

このあたりの使い分けは意外に重要ですので、押さえておいた方がよいでしょう。

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ