お待ちしております(I’ll be waiting for you.)

お客様が会社に見えられることは良くありますよね。

例えば、電話対応などで「10時にお待ちしております」というようなフレーズは良く使われます。

さて、電話の向こうの相手に対して「お待ちしております」とはどのように言えばよいでしょうか?

簡単なように思えるフレーズほど、意外な落とし穴があるものです。

「待つ」はwaitだと単純に考えて、I’m waiting.というと、こんなニュアンスになってしまいます。

お待ちしております

I’m waiting.は相手が何かするだろうと思っているのに何もしない、だから「待っているんだけど!」という意味になってしまうのです。

要は「待ってるから急いでくれないかなあ」というのが、I’m waiting.の意味なのです。

「お待ちしております」は、次のようなフレーズを使いましょう。

「お待ちしております」を表すフレーズ

・I’ll be waiting for you.(お待ちしております)
・I’ll see you then.(その時にお会いしましょう)


また、具体的な日時を伝えたい時は、

I’ll be waiting for you at 13:00 on Monday.
(月曜の13時にお待ちしております)

などと、文末に付け加えると良いでしょう。

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ