お釣りは取っておいてください(Keep the change.)

国によっては、電車やバスなどの公共交通機関には治安の問題があることもしばしば。

そのため、海外旅行に行くとタクシーに乗る機会が増えます。

イギリスなどは、タクシーのライセンスを取るのが非常に難しいですよね。

タクシーを使った後は、少しばかりの心づけをするのがマナーとされていますが、お釣りをそのままチップにするのもアリです。

さて、「お釣りは取っておいてください」と言いたい時には、次のように言えばOKです。

Keep the change.

これはお釣りをそのままチップとして渡す時の決まり文句ですので、このまま覚えておくと便利です。

これをたどたどしく I will give you the change.というと、ちょっと大げさになってしまいます。

お釣りを取っておいてください

これではチップを渡す表現としては不自然になってしまいます。

Keep the change.をしっかりと覚えておきましょう。

「お釣りは取っておいてください」の言い方

・Keep the change.をしっかり覚えましょう
・I will give ~は丁寧すぎて不自然です
・サラッと言えるフレーズのストックを増やしましょう



あの有名リスニング教材をトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ