ここが壊れています(It’s broken here.)

海外旅行に行って飛行機に乗った後、もし、預けていたスーツケースが壊れていたらどうしますか?

当然クレームを入れますよね。

さて、スーツケースが壊れている時、「ここが壊れている」と係員に指し示す必要がありますが、この時、何と言えばよいかわかりますか?

This is broken.

こういうと、本来の意図とは全く違って伝わってしまいます。

完全に壊れてるよ

この場合、「壊れた箇所」を示したいわけです。

しかし、This is broken.と言ってしまうと、「全く壊れて使い物にならないよ」という意味で伝わってしまうのです。

さて、「ここが壊れています」とは、壊れている部分を指さして、以下のようにいいます。

It’s broken here.

これできちんと壊れている箇所を理解してもらえます。

保障が出るかどうかはわかりませんけど・・・(笑)

「ここが壊れています」の言い方

・This is broken.は完全に壊れて全く使い物にならないときの表現です
・壊れたところを指さして、It’s broken here.が正解です
・指示語のhereを忘れないように!!



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ