この度はありがとうございました(Thank you for all your help.)

仕事上、お世話になった相手にお礼を言う場面は良くありますね。

その時、私たちは、日本語でこのように言います。

「この度は本当にありがとうございました」

この表現をそのまま英語に訳すと、こうなります。

This time, we appreciate your help.

しかし、これはネイティヴスピーカーには、まったく違って受け取られてしまうのです。

今回はありがとう

これだと喧嘩を売っているのと変わらないですよね(笑)。

日本語でいう「この度」とか「今回」をそのままThis timeと訳してしまうと、ネイティヴはちょっと違和感を覚えます。

というのは、this timeとは、「前回とは違って」という意味を暗に含んでいる表現だからです。

例えば、You did a good job this time.というと、

「前回は、全然だめだったけど、今回はよくやったね」という意味になってしまうのです。

ですから、この場合は、「この度」とか「今回」というフレーズは無理に訳す必要はありません。

全体の文意で、相手に感謝が伝わるような表現を使えばよいのです。

今回の場合は、以下のようなフレーズで良いでしょう。

Thank you for all your help.
(色々とどうもありがとうございます)
※フレンドリーな表現ですが、どの場面でも使えます。

We appreciate your help.
(ご助力に感謝します)
※少し社交的で冷静な表現です。

このように、日本語で言いたいことを英語で伝えると言った場合でも、いわゆる逐語訳をする必要はありません。

日本人は、義務教育からの影響で、常に逐語訳が第一と考えてしまう傾向がありますが、実際の英会話では、逐語訳をしてしまうと全く異なったニュアンスで伝わってしまうことがありますので気をつけましょう。

「この度はありがとうございました」を表すフレーズ

・Thank you for all your help.でOK
・this timeを入れてしまうと逆に失礼な表現になります
・逐語訳が必ずしも正解とは限りません。



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ