この机、おかしくない?(I want to complain of this desk.)

ある日、あなたは一念発起して資格を取ろうと、勉強机を買ってきました。

そして、いざ机が家に届いてみたものの、なんかガタガタする(怒)

販売店に文句言ってやるとなった時に、さて、なんて言いましょうか?

I want to claim this desk.

英語で「文句」はクレームだと思い、上記のように言ってしまうと、このような意味になります。

文句をつける場合

あなたの机であることは、みんながわかっているのですから、こんなことを言っても仕方がありません。

さて、「この机、おかしいんじゃないの?」と言いたいときは、こんな風に言うとよいでしょう。

I want to complain of(about) this desk.(この机について文句があるんだけど!)

実は、claimは「(自分のものだと)主張する、要求する」という意味になります。

「文句がある」と言いたい場合は、complainを使います。

和製英語から来た間違いですので、なかなか抜けきらないかもしれませんが、早めに認識を改めておきましょう。

「文句・不平を言う」はcomplainです。

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ