これは日本に持ち帰れますか?(Can I take this to Japan?)

海外旅行をしてお土産を買うとき、気になるのが検疫。

せっかく買ったのに税関で没収となるとお金の無駄ですので、お買い物の時には注意したいもの。

さて、「これは日本に持ち帰れますか」と店員さんに聞きたい時は、どう言えばよいでしょうか?

ここで、takeとbringの使い分けができるかどうかが勝負となります。

例えば、

Can this be brought into Japan?

自分が日本にいてネットで商品を購入した場合などは、この表現が正解です。

Can I take this into Japan?

これは、自分が海外にいて、商品を持ち込みたい場合は、この表現を使います。

つまり、海外旅行をして、お土産を日本に持ち込めるか確認したい場合は、

Can I take this into Japan?

を使います。

さて、takeとbringの違いは、

takeはあっちに持っていく

bringはこっちに持ってくる

とザックリ覚えておくとよいでしょう。

ここでのポイントは、自分がどこにいるのかということです。

「自分のところに持ってくる」を使うのであれば、bringが適当です。

「自分の場所から別な場所へもっていく」というのであれば、takeを使います。

takeとbringの違い

両者の使い分けは厳密には難しいところがあります。

フレーズごと覚えてしまうのが良いでしょう。

「これは日本に持ち帰れますか」の言い方

・自分が海外にいるならCan I take this into Japan?が適切です
・海外へ注文する場合は、Can this be brought into Japan?が正解
・takeとbringの概念の違いを押さえておきましょう



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ