これは機内に持ち込めますか?(Can I take this suitcase on the plane?)

飛行機に乗るとき、手荷物を機内に持ち込むか、それとも預けるか迷うときがありますよね。

手荷物の大きさが規定オーバーするかどうか、ギリギリの時はなおさらです。

さて、「これは機内に持ち込めますか?」と聞きたい時、「これ」とは何を指しますか?

もちろん、手に持っている「手荷物」ですよね。

しかし、「手荷物」を英語で表現するときには少し問題が出てきます。

例えば、Can I bring this baggage on the plane?というと、ちょっと変なニュアンスで相手に伝わってしまいます。

手荷物類一般を持ち込んでもよろしいでしょうか?

baggageは「手荷物類」という意味の集合名詞なので、個々の手荷物には使いません。

手元にある荷物を指す場合には、suitcaseやbagなど具体的に伝えなければなりません。

Can I take this suitcase on the plane?

これが正しい表現です。

ちなみに、「機内に持ち込む」と言いたいのであれば、bringではなくtakeを使います。

ただ、この辺りの使い分けは日本人には難しいですので、細かい間違いは気にしなくても良いでしょう。

「これは機内に持ち込めますか?」の言い方

・baggageは集合名詞で、具体的な荷物は表現できません
・「手荷物」と言いたい時は具体的な物を伝えましょう
・bringとtakeの差は気にしないように



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ