ちょっと持ち合わせがありません(I’m a little short.)

ウインドウショッピングを楽しんでいる時、以前から欲しかったアイテムを見つけたとしましょう。

店員さんから「いかがですか?」と尋ねられた時、

たまたま、お金の持ち合わせがありません。

さて、このような際は次のように言うとよいでしょう。

I’m a little short.
(ちょっと持ち合わせがありません)

有名なイディオムで「be short of ~(~が不足している)」という表現がありますが、shortは短いという意味だけでなく、不足しているという状態を表すのにもぴったりなのです。

一方、「十分なお金を持っていません」を直訳してI don’t have enough money.と言ってしまうと、以下のように、ぶっきらぼうなニュアンスで伝わります。

金たりねーな

「お金が足りない」とはっきり伝えるのではなく、「ちょっと持ち合わせが」と言ったほうが品よく伝わります。

覚えておきましょう。

「持ち合わせがありません」の言い方

・I’m a little short.が品の良い言い方です。
・shortは「不足している」を意味します。
・I don’t have enough money.はぶっきらぼうな表現です。



あの有名リスニング教材をトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ