できれば行きたいのですが(I wish I could.)

友達の誘いをどうしても断らなければならない・・・

こういう場面は結構多いですよね。

さて、友達に食事に誘われたが、どうしてもスケジュールが合わなくて断らなければならないとします。

以下のうち、その表現が適切でしょうか?

1.I hope I can.

2.I’m sorry, but I can’t.

3.I wish I could.

では、順に見ていきましょう。

1番目の「I hope I can.」は、そもそも断っていることにはなりません。

行けるように頑張ります

このように、「いけない可能性もあるが、なるべくなら行きたいです」というように、行ける可能性も多分に残してしまいます。

これでは、相手に期待を持たせるだけです。

2番目の「I’m sorry, but I can’t.」は「悪いけど、どうしてもいけないんだ」と少し強い口調の断りです。

友達同士なら、この表現でもよいでしょう。

少し丁寧に表現したいなら、「I wish I could.」です。

これは、「行けるといいのですが、無理なんです」というように、「ダメ」の部分まで含むので、上品な断り方として使えます。

ただし、友達同士なら上品すぎる表現も考えものですので、2番と3番を使い分けるようにするのがベターでしょう。

「できれば行きたいのですが」の言い方

・I wish I could.が当たり障りのない表現でオススメです
・I’m sorry, but I can’t.は少し強めの断り方
・I hope I can.では断りになっていませんので注意です



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ