どうぞ、お座りください(Have a seat.)

会社にいらっしゃったお客様と挨拶を交わし、席を勧めるとき、どのように言えば良いでしょう?

ちょっとこちらのマンガを見てみてください

どうぞお座りください

こんな言われ方をしたら、びっくりしちゃいますよね(笑)

もちろん、何を言いたいかは理解できますが、よく言われる「Sit down,please.」は、このマンガのように「着席!!」を意味するフレーズなのです。

いきなり「着席」は、ビジネスの現場では絶対使わない表現ですよね(笑)

「どうぞ、お座りください」はいくつか言い方がありますが、一番シンプルなのは、この表現です。

Have a seat.(どうぞ、座って)

この後にpleaseをつけると、より丁寧になリますので、Have a seat,please.はビジネスシーンでも十分使える表現です。

ただし、こんな表現だと、丁寧すぎて嫌味になります。

Would you please sit down ?(頼むから座ってくれない)

これは、部屋をうろついて落ち着きのない相手に対して、「頼むから座ってよ」という表現になってしまいます。

丁寧な表現も、度を超すと嫌味になる例です。

このように、丁寧すぎる表現が逆効果になる例は、ほかにいくつかありますので、その都度、押さえておくとよいでしょう。

相手に席を勧めるときには?

Have a seat.が一番オススメ
Have a seat,please.ならビジネスの場面でも十分使える
Sit downは失礼。あまり丁寧すぎるのも嫌みになってダメ

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ