どのくらい待ちますか(How long’s the wait?)

食べ歩きは、海外旅行での楽しみの一つですよね。

しかし、人気のレストランは人でいっぱい。

うっかり、予約を取り忘れて、行列に並ばなければならないといったこともあるかと思います。

そこで気になるのが待ち時間。

このくらいの人数ならどれくらい待つのかなと店員さんに確認したくなるのが人情というもの。

そこで、英語ではどうやって聞けばよいでしょうか?

うっかり、How long do we have to wait?なんてしまうと、とんでもないニュアンスで伝わってしまいますよ。

どのくらい待つのか

これでは、質問ではなく脅迫です。

何時間も待たされて抗議したいというのであれば、この言い方でもOKです。

でも、海外で抗議するのは、結構度胸がいりますけどね(笑)

それはさておき、単純に待ち時間はどれくらいと聞きたいのであれば、次のようなシンプルな言い方でOKです。

How long is the wait?

「the wait」で待ち時間という名詞になるのがポイント。

これで、適切に待ち時間が聞けますね。

「どのくらい待ちますか?」の言い方

・How long is the wait?が正しい言い方です。
・How long do I have to~?だと脅しに近くなります
・the waitで「待ち時間」という名詞です



あの有名リスニング教材をトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ