シートを倒してもいいですか(Do you mind if I recline my seat?)

飛行機や特急電車に乗ると、座席は大抵、リクライニングシートですよね。

倒す時に後ろの座席の人に気を使うのがマナーというものですが、この時の聞き方には注意したいものです。

Can I recline my seat?

これも一応、「シートを倒してもいいですか?」と意味になります。

しかし、これは後ろの席の人に尋ねるには不適切です。

この表現は、離陸後や機内の揺れの激しい時間帯が終わった後、CAさんに「もう席を倒しても良いですか?」と尋ねる表現なのです。

シートを倒しても良いですか

後ろの人に席を倒すことを了承してもらうときには以下のように言います。

Do you mind if I recline my seat?

あるいは

Would you mind reclining my seat?

さて、ここでもう一つポイント。

後ろの人が「Yes」と答えたら、席を倒してはいけません。

逆に「No」と答えたら、席を倒してもOKです。

「Do you mind ~」は「~しても構いませんか?」という意味になりますが、直訳すると、「私が~するのは気になりますか?」という意味です。

そして、「Yes, (I mind if you ~)」と答えられたら、「はい、私はあなたが~すると気になります」という意味になりますので、「Yes」と言われたということは、断られているということになるのです。

実際に海外旅行に行くと、「Do you mind ~」の表現は頻繁に耳にします。

きちんと意味を間違えないようにしましょう。

「シートを倒してもいいですか?」の言い方

・CAに尋ねる場合と他人の了承を取る場合では言い方が異なります
・Would you mind reclining my seat?は他者に了承を取る表現です
・Would you mind~で始まる場合は答え方に気をつけましょう



あの有名リスニング教材をトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ