人が亡くなった(He’s no longer with us.)

慶弔のフレーズは日本語でも難しいものです。

いざ、お葬式に出たとき、どのように振舞えばよいのか、とっさにはわからないですよね。

さて、英語で人がなくなったときのフレーズはどのように言えばよいかを勉強してみましょう。

「死ぬ」は英語でdieですから、例えば「彼は亡くなったよ」と言いたい時は、

He died.

で良さそうですが、これだと

彼は死んじゃったよ

と、とてもぶっきらぼうなニュアンスとなります。

それから、映画で良くHe is dead.という表現も出てきます。

これに「彼は死んだよ」という訳が振られることがありますが、実は、

死んでる・・・

と死体を目の前にして、「もう死んでるよ」といったニュアンスに感じられます。

そうではなく、もう少し神妙なニュアンスを表したい時は、次のフレーズが使われます。

He is no longer with us.
他界されました。

若しくは

He passed on.

He passed away.

でも構いません。

両方ともに、「彼は亡くなられました」という意味です。

日本語でもそうですが、死んだからといって「死ぬ」という単語をそのまま使ってはいけない場面もあります。このようなセンシティヴな話題の時には、婉曲表現が大事になります。

是非、覚えておきたいフレーズの一つですね。

人が亡くなったことを表現するフレーズ

・He died.はぶっきらぼう過ぎる言い方ですので避けましょう
・He passed away、He is no longer with usなどが適切です
・いざという時のために、慶弔のフレーズを覚えておきましょう



あなたにピッタリの英語教材が見つかります



「ヒアリングマラソン」シリーズで有名な株式会社アルクのオンラインサイトでは、学習者のレベル・目的に応じた最高の英語教材を取り揃えていますので、今の自分がどのようなレベルであっても、ピッタリの教材がきっと見つかります。また、英語学習の体験談なども豊富に掲載されていますので、それを読むだけでも今後の学習のヒントがつかめると思いますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ