今夜、ステーキを食べよう(Let’s have steak tonight.)

eatはただ「食べる」を意味するのではありません

仕事帰り、同僚と夕食を食べに行くことになりました。

そして、「ステーキを食べよう」と提案したい時、どのように言いますか?

取りあえず思いつくのは、Let’s eat steak tonight.です。

全く問題なさそうです。

もう一つ、Let’s have steak tonight.もありそうですね。

さて、どちらが良いでしょう?

実は、この両者、ニュアンスが少し異なります。

Let’s eat steak tonight.というと、ちょっと変な感じになってしまうのです。

ステーキを食べよう

食べるというと、eatを連想しがちですが、実はeatには「食事を楽しんで食べる」というニュアンスはないのです。

どちらかというと「摂取する」という感じで使われるのです。

「食事を楽しむ」の意味で使われるのは「have」です。

ですので、この場合も、Let’s have steak tonight.が正しい表現となります。

典型的なeatの使い方

例えば、医者から「当分の接種を控えるように」と厳命されていたとします。

こういう時にeatを使います。

I’m not supposed to eat sugar.

(糖分を取ってはいけないんだ)

一方、このケースの場合はhave sugarとは言いません。

「食事を楽しむ」というニュアンスは必要ないからです。

「今夜、ステーキを食べよう」の言い方

・eatは「摂取する」というニュアンスが強く不適切です
・haveは「食事を楽しむ」というニュアンスが出ます
・基本的に「食べる」はhaveと押さえておいてもいでしょう



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ