会社がピンチでして・・・(My company is in trouble.)

会社の業績も水物です。

良い時もあれば悪い時もあります。

あまり想像したくないことですが、勤務先の業績がいまいちで、窮地に陥っているとします。

「今、わが社は危ない状況でして・・・」

さて、英語でこのように言いたい時は、どのように言えばよいでしょう。

My company is very dangerous.

何となくよさそうですよね。

dangerousは「危ない」とか「危険」という意味ですから。

しかし、これは次のような文字通り危ない表現になってしまいます。

乱暴者が多くて・・・

これでは経営状況がどうこうではなく、荒くれ者が集う会社を意味してしまいます。

そうではなく、会社がトラブル状態であることを表す表現は次のようなフレーズとなります。

My company is in trouble.

be in troubleで「トラブル状態で、ピンチで」という意味になります。

あるいは、決算上ピンチと言いたい時には、要するに会社が赤字であると言いたいわけですよね。

そういったときは次のような表現があります。

My company is in the red.

あなたの会社に荒らくれ者が増えないよう、気をつけましょうね。

「会社がピンチでして・・・」の言い方

・My company is dangerous.は文字通り危ない会社の意味です。
・be in troubleでトラブル状態・ピンチという言い回しになります
・赤字ならbe in the redという言い回しもあります



あの有名リスニング教材をトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ