会社を辞めます(I’m going to quit my job.)

「会社を辞める」は日本的な言い方です

もし、あなたに何らかの事情があって会社を辞めることになった時、周りにどのように伝えますか?

実は「会社を辞める」とは、会社人間が多い日本人らしい発想なのです。

というのは、「会社を辞める」という言い方を英語でいうと、I quit my company.とはならないからです。

I quit my company.という表現は、次のように少し特殊な状況を連想させます。

会社を辞めます

つまり、自営業者であれば適切な表現ですが、サラリーマンには使えないフレーズなのです。

普通、「会社を閉める」は、close my company.というように表現します。

しかし、ネイティヴの感覚では、companyという語に引かれて、quit my companyというと、やはり「会社を閉める」ことを連想させてしまうのです。

ちなみに、「会社を辞める」と英語で表現したい場合は、次のように言います。

I’m going to quit my job.

この場合のjobは「勤め口」や「職」という意味です。

日本人は「仕事」よりも「会社」にこだわる傾向が強いのに対し、ネイティヴがこだわるのは「会社」よりも「仕事」です。

そのため、「会社を辞める」に相当するフレーズが英語には存在しません。

ですから、「会社を辞める」→「今までの仕事を辞める」という流れで、

I’m going to quit my job.

となるわけです。

「会社を辞める」の言い方

・I’m going to quit my job.が適切な言い方です。
・会社を辞めるという発想はネイティヴににはありません
・自営業者ならquit my companyでもかまいません



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ