日本語は話せますか?(Do you speak Japanese?)

「~できますか?」は「Can you ~?」とは限らない

英会話を勉強するにつれて、だんだんと外国人の友達が増えていくこともあるかと思います。

外国人の友達と異文化交流をすることはとても楽しいものですが、相手が日本語に興味を持ってくれていたら、非常にうれしいものです。

そんな時、「日本語は話せますか?」と相手に尋ねたい時、「Can you speak Japanese?」と聞いてしまうと・・・・

英語話せる?

・・・こんな感じで失礼にあたることもあります。

実は、Canは「能力」を表すため、「Can you speak Japanese?」と言うと、「あなたは日本語を話せるだけの能力があるの?」という意味に解釈されることがあるため、相手をやや小ばかにした印象を与える危険があります。

つまり、canは主に、能力があって「~できる」という意味を表すのです。

「~できますか?」は「~しますか?」と置き換えてみよう

このケースの場合、相手の能力的な点を尋ねたいわけではありませんから、「Can you ~?」を使うのは変です。この場合は、「~できますか?」ではなく、「~しますか?」と置き換えてみると、答えが見えてきます。

「Do you speak Japanese?」

シンプルですが、こちらが正解です。

「Do you ~?」は習慣があるかないかを尋ねる表現

ここで、以下の二つの表現の違いを考えてみましょう。

1.  I can’t play tennis.
2.  I don’t play tennis.

I can’t play tennis.は能力がなくてテニスができない場合と、医者に止められているなど健康上の理由で「テニスができない、してはいけない」の二通りの解釈が可能です。

上記のどちらの意味になるかは、前後の文脈から、その都度判断していくことになります。

ちなみに、2番目の表現だと、「テニスをする習慣がありません」という意味になります。

例えば、「I can play tennis,but now I don’t.(テニスはできるけど、今はやらないよ」という表現もあり得ます。

また、「お酒は飲めますか?」と聞きたい時に、「Do you drink?」と聞くのは、「お酒を飲む習慣がありますか?」と、まさに「習慣」について尋ねているのです。

これを、「Can you drink?」と尋ねると、「(未成年か成人か判断がつかない相手に対して)お酒は飲めるの?」と聞いているケース、「(健康を害していて、今まで医者から飲酒を止められていた相手に対して)お酒飲めるの?」と尋ねるケースが考えられます。

「Do」と「Can」の違いをきちんと理解して、ご愛のないコミュニケーションを心がけましょう。

日本語は話せますか?

「Do you speak Japanese?」のフレーズがベスト
・「Can you ~?」だと「能力の有無」を問う意味になる
・相手に習慣を尋ねるときには「Do you ~?」と覚えよう

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ