昼食にありつけた(I got to have lunch.)

午前中の外回りを終え、やっとランチタイム。

この時、「やっとランチにありつけた」という意図で、I could have lunch.と言ったら、どんな意味になるでしょう?

I could have lunch

このように、しれ~っとした感じになります。

この時、強調したいのは、「やれやれ、やっとお昼ご飯にありつけたよ~」の「やれやれ」の部分でしょう。

これを英語で表現すると、こんな感じになります。

I got to have lunch.

なぜ、「get to」を使うのかというと、「get to」には元々、「何とか、やり遂げたよ~」とか「~できて嬉しい」といった、喜びのニュアンスが含まれるので、「やれやれ、やっと~できた」という気持ちを表すのに最適だからです。

また、「get to」には「たどり着く・到着する」という意味もありますが、同じ「着く」でも、「arrive」とは少しニュアンスが異なります。「arrive」が航空機や電話等の交通手段における「到着」で使われるように、文字通「着く」を意味しますが、「get to」は「何とか、かんとかたどり着いた」という意味を持っています。

たとえば、I got to the mountain.とI arrived at the mountain.では、受ける感じが全然異なるのです。

前者だと、思い装備を背負って、何とか登頂に成功したぞというイメージですが、後者だと、ヘリコプターで颯爽と下りてくるようなイメージです。

話を戻しますと、「やっと~できた」みたいな「やれやれ感」を表現するには、「get to」がピッタリくるのです。

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ