毛布を下さい(Could I get a blanket?)

これは、英会話の原則論として押さえておくべき表現です。

人から何かをもらうときは「Could I get ~」と覚えておきましょう。

例えば、「毛布を下さい」という場合は、

Could I get a blanket?

となります。

「何か飲み物を下さい」の場合は、

Could I get something to drink?

「酔い止めの薬をもらえますか?」では

Could I get something for airsickness?

となります。

Could I get something for (病名)は、

「(病名)に効く薬をもらえますか?」という意味になります。

このように、何かをもらう場合は、Could I get ~を応用していけばよいのです。

これを、May I have a blanket,please?としてしまうと、変な意味に伝わります。

毛布をください

May I ~,please?は「~してもいいでしょう?」という子供で、主に子供が母親に対して使うフレーズです。

大人の我々が使うような表現ではありません。

また、「Please give me ~」という表現も思い浮かぶと思います。

例えば、「酔い止めの薬をもらいたい」のであれば、Please give me airsickness medicine.と言った感じでしょうか?

しかし、これも以下のような、おかしなニュアンスで伝わってしまいます。

酔い止めの薬を下さい

Please give me ~は「お金を払うつもりはないけど、~を下さい」という意味です。

つまり、無料にこだわった言い方なのです。

このようなおかしなニュアンスを伝えたくないのであれば、Could I get ~?を使いまわすことですべて解決できます。

是非、覚えておきましょう。

人からものをもらうときの表現

・Could I get ~を使いまわせるよう訓練しましょう
・May I ~,please.は子供言葉でよくありません
・Please give me ~も場合によっては無礼になるので止めましょう



あの有名リスニング教材をトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ