水道の水は飲めますか?(Is it okay to drink the tap water?)

さて、海外旅行に行ってホテルにチェックインした後、日本人なら気になることがあります。

それは、「この国の水は飲めるのだろうか?」ということ。

日本の水道水は非常にきれいで、蛇口から出てくる水を飲んでも問題ありませんが、海外ではそうもいきません。

基本的に水道水を、そのまま飲める国は非常に少ないのが実情です。

一方で、ホテル内では特別な浄水装置を用意することで、「ホテル内の水は飲料可能」というところも少なからずあります。

となれば、当然のことながら、次のことは聞いておきたいですよね。

「水道の水は飲めますか?」

この時、Can I drink water?と言ってしまうがちですが、これは次のような全然違う意味になります。

この水を飲む能力があるんでしょうか

この表現は、自分の能力の有無を尋ねているように聞こえます。

そんなことを尋ねられても、相手が困ってしまいますよね。

さて、正しい表現は次のようになります。

Is it okay to drink the tap water?
(水道水を飲んでも大丈夫ですか?)

「tap water」は水道水の意味です。

簡単に言うなら、こういう表現もあります。

Is the water safe to drink?
(安心して(水道水を)飲めますか?)

簡単そうに見えて、意外に出てこない表現ですので、この機会に押さえておきましょう。

「水道の水は飲めますか?」の言い方

・Is it okay~の表現を覚えておきましょう
・tap waterで水道水の意味です
・Can I~は能力の有無を尋ねているように聞こえる場合があります



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ