為替レートはどのくらいですか?(What’s the exchange rate?)

海外に行くと、為替レートは気になるものです。

しかも、同じ町でも両替所によってレートが異なることもしばしば。

だから、海外に行くとレートには敏感になります。

そういったわけで、両替する前にレートは確認しなければなりませんが、ここで疑問詞の問題です。

「為替レートはどのくらいですか?」と尋ねるとき、以下のどちらが適切でしょうか?

1.What is the exchange rate?

2.How much is the exchange rate?

「どのくらい?」に引きずられて2番を選んでしまうと、以下のように変な意味になってしまいます。

為替レートはいくらですか?

為替レートを買うわけではありませんので、この場合はHow muchを使うのはおかしいのです。

というわけで、ここでは1番が正解です。

直訳すると、「為替レートはどうなっていますか?」となります。

もし、How muchを使いたいのであれば、以下のような表現があります。

Hou much is the yen?
(円はいくらですか?)

基本的な使いわけですが、きちんとできるようにしておきましょう。

「為替レートはいくらですか?」の言い方

・What is the exchange rate?
・「どのくらい」はHow much とは限りません
・How much is the yen?でもOKです



あの有名リスニング教材をトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ