相手の職業を尋ねたいとき(What do you do?)

パーティーなどで会った人の職業を尋ねる場面も多いと思います。

しかし、いざ英語で尋ねるとなると、どう表現したらよいか困るものです。

そして・・・

What is your job?

と言ってしまいそうです。

これはニュアンス的にこんな感じになります。

相手の職業を尋ねる

いくらなんでも、これはあんまりです(笑)

もちろん、これでも通じますが、社交の場では、もう少し丁寧に聞きたいものですよね。

そんな時は、このように言います。

What do you do?(ご職業は何ですか?)

直訳すると、「あなたは何をしているのですか?」となりそうなものですが、
これは相手の職業を尋ねる表現なのです。

このように尋ねると、

I’m an engineerer(私はエンジニアです)

とか

I’m a laywer(弁護士です)

などと答えがきます。

相手の会社名を尋ねたいときは、What do you do ?ではなく、

Where do you work ?(どこで働いているのですか?)

という表現になります。

これだと、

I work for IBM.(IBMで働いています)

などと答えてくれるでしょう。

他にも相手の職業を尋ねる表現としては、以下のような表現があります。

What field are you in?

What type of work do you do?

便利な表現ですので、押さえておきましょう。

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ