私の席はどこですか?(Could you tell me where my seat is?)

旅行やビジネスで飛行機に乗ったとき、まずは自分の座席を探しますよね。

自由席の飛行機というのは、なかなかあるものではありません(海外の田舎の航空会社では珍しいことではありませんが)

さて、エアチケットを手に、「私の座席はどこですか?」と尋ねたい時、英語ではどのように表現するでしょうか?

「私の座席はどこですか?」を単純に英訳すると、Where is my seat?となりますが、これは以下のようなニュアンスとなります。

私の席はどこですか?

これは威張った代議士などが言う高圧的な表現となってしまいます。

CAさんの間でのあなたの評判はがた落ち。

機内食に毒でも盛られるかもしれません(笑)

この場合、次のように言うのが適切です。

Could you tell me where my seat is?

「my seat」の箇所を座席番号に変えるとネイティヴ流になって、なお良しです。

Could you tell me where 16-A is?

人に尋ねるときは「Could you ・・・」の表現を頭に入れておくとよいでしょう。

これで毒を盛られることもなくなるでしょう(笑)

「私の席はどこですか?」の言い方

・Where is my seat?だと高圧的な表現となります
・Could you tell meで始めると丁寧になります
・シート番号を入れるとネイティヴ流です



あの有名リスニング教材をトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ