素晴らしいの一言です(It’s simply wonderful.)

レストランでの会話を想定してください。

素晴らしいディナーを堪能した後、お店の人から「今夜のディナーはいかがでしたか?」と聞かれたとします。

こんな時、いろんなことを言って褒めようとは思うのですが、なかなかそういった気の利いた言葉は出てこないものです。

そこで、「とにかく素晴らしかったです」と言いたい場合、どう言いますか?

GreatWonderfulなど、いろんな言い方がありそうですが、これらはちょっと格式の高いレストランでは乱暴な言葉なのです。

column56

そうではなく、この場合は、次のように言うと、「とにかく素晴らしかったよ」というニュアンスを適切に伝えることができます。

It’s simply wonderful.
(もう素晴らしいの一言です)

simplyは「もうとにかく~」「~の一言」と言った意味です。

simplyの代わりにjustを使っても同様の表現となります。

余談ですが、トリノオリンピックの時に、BBC放送の実況中継で、金メダルを獲得した荒川静香選手の演技を、simply gorgeous!と表現していました。

このように、ネイティヴの間では、simply~はよく使われる表現です。

また、レストランで「お味はいかがですか?」と聞かれるときは、

How’s everything?

と尋ねられることが多いです。

受け答えのフレーズを両方とも覚えておきましょう。

「素晴らしいの一言です」の言い方

・simply ~が正しい言い方です。
・simplyの代わりにjustでもOKです
・greadやwonderfulだけだと、少し下品なニュアンスになります



あの有名リスニング教材をトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ