繰り返しを求める場合(I’m sorry, I couldn’t catch that.)

初めての国際交流パーティー

興奮と緊張でドキドキ・ワクワクしますよね。

そして、日頃鍛えた英会話力を発揮しようと意気込んだは良いものの、ネイティブスピーカーのナチュラルスピードについていくのはかなり大変。

はじめは聞き逃すことも多いでしょう。

そんな時、「もう一回行ってほしい」って思うでしょうけども、さてさて、なんていえば良いでしょう?

I beg your pardon?

実は、この表現には、

①もう一度、言ってください
②あの、失礼ですが・・・
③ごめんなさい
④何か勘違いしてるんじゃない?

という4つの意味があります。もちろん、このフレーズがこの中のどれを意味するかは、シチュエーションに応じて変わってくるのもありますし、話者の発音の仕方にも左右されます。

何か勘違いしてるんじゃない

いずれにせよ、誤解を生みやすい表現でもありますので、避けた方が無難でしょう。

筆者のオススメは以下のフレーズです。

I’m sorry, I couldn’t(didn’t) catch that.(すみません、聞き取れなくて)

こう言うと、相手はもう一度、同じ話をしてくれるものです。

「もう一度、繰り返してほしい」という部分を明確に相手に伝えるには、

Could you say that again for me?(もう一度、おっしゃって頂けませんか?)

Could you say that again?でもいいのですが、「for me」をつけると、より丁寧になります。

「繰り返す=repeat」と思えている方は多いと思いますが、Please repeat.と言ってしまうと、ニュアンス的にはこんな感じになります。

繰り返し

ここは学校ではありません(笑)・・・

相手に繰り返しを求める表現、ぜひ覚えて異文化コミュニケーションの場で役立ててくださいね。

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ