許しを請う場合(I hope you can forgive me.)

適切な謝り方を覚えましょう

人間ですから、色々な過ちがあるものです。

そして、過ちを犯してしまったら、相手に許しを請わなければなりません。

後々の人間関係を考えれば、そのまま知らんぷりというわけにはいきませんものね。

さて、「謝罪する」と聞くと、まずは、forgiveという単語が思い浮かびますね。

そのまま、Please forgive me.というと、こんな感じの表現になります。

許してよ

ちょっと軽いですかね。

でも、親しい間柄であれば、これでも全然おかしくありません。

もう少し丁寧に、つつましく許しを請う表現ならば、こちらがおすすめです。

I hope you can forgive me.(どうかご容赦のほどを)

ビジネスシーンやパーティーなど、オフィシャルな場ならば、こちらの方が良いですね。

ちょっと話は変わりますが、許しを請う表現で、もう一つ有名なのが、ブルース・リー主演の「ドラゴンへの道」で出てくるワンシーンです。

ブルース・リーがハンの島に向かう前、母親と妹の墓参りに行き、墓前で許しを得ようとします。

その時のブルース・リーのセリフがこちら

You will not agree with what I am going to do. It is contrary to all that you have taught me. And all that Su Ling believed. I must leave.

※日本語訳
これから私がしようとしていることに、あなたは恐らく反対されることでしょう。あなたの教えにも、スーリンの信念にも、まったく反することだからです。行かなければいけません。

さて、そのあとの表現に注目!

Please try to find a way to forgive me.

これは字幕では「どうかお許しください」と訳されています。

ただし、ニュアンス的には、もっと凄くてこんな感じです。

こんな私をどうか許して

・・・(笑)

非常に丁寧な表現で、劇中の主人公の人柄がよく表れているのですが、日常生活では、あまり使われません。

映画で使っているからと言って、そのまま使わないようにしましょうね。

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ