質問してもいいですか?(Can I ask a question?)

新入社員のあなたは、人事異動で新しい部署に配属されました。

新しい部署では、仕事を進める上で分からないことが多いものです。

そこで、あなたが職場で上司に「質問してもいいですか?」と言いたい時、どのように言えばよいでしょう?

「質問してもいいですか?」」は、May I ask you a question?と我々、日本人は学びます。

しかし、この表現には問題があります。

ニュアンス的にはこんな感じになってしまいます。

質問してもよろしいですかね?

まず、May・・・?の使い方です。

May I・・・?の表現は、確かに丁寧なのですが、丁寧すぎるケースは逆に子供っぽく響くこともあります。

そして、youを入れている点も問題です。

まだ、May I ask a question?なら及第点です。

しかし、May I ask you a question?と分かり切ったyouをわざわざ入れた表現は、実は相手に不満を持っている時に使う表現となります。

英語は省略の言語と言われます。

大学入試の問題でも省略は問題を作るうえで、一つの大きなテーマですよね。

そして、分かり切った部分は省略するというのが英語の常識です。

逆に、分かり切っているのにわざわざ入れる単語というのは、それなりの意味を持つのです。

この場合の、「you」がまさにそれに当たります。

職場で「質問してもいいですか?」と聞きたい時には、

Can I ask a question?

これが最適です。

Can I・・・?ではカジュアルすぎるのでは、と思うかもしれませんが、実はナチュラルな尋ね方で職場でも使えます。

もっと丁寧に言いたい場合は、Could I ask a question?がオススメです。

「質問したいのですが」の言い方

・Can I ask a question?が正しい言い方です。
・May I ask you a question?では少し嫌味な表現となります
・丁寧に言いたい時は、Could I ask・・・とCouldを使いましょう



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ