質問はありますか?(Is there any questions?)

あなたは今、自社の商品を売り込むため営業に来ています。

そして、無事、プレゼンテーションを終えました。

さて、その後、質疑応答の時間になりました。

「私のプレゼンテーションについて、何か質問はありますが?」と言いたい時は、こんな言い方をします。

Is there any questions about my presentation?

(私のプレゼンについて、何か質問はありますでしょうか?)

同じようでも、Is there some question about my presentation?というと、全然意味が違ってしまいます。

疑問ある?

このように、questionには、「質問」という意味の他に「疑い・疑問(の余地)」という意味があります。

「質問」と「疑問」の見分け方ですが、「質問」の場合は複数形、「疑問」の場合は単数形となります。

some(いくつかの)などを前に置いた場合でも、questionが単数形となる場合は、「疑問」となるのです。

例えば、こんな例文があります。

I have some question about his story.

(彼の話には疑問を抱いている)

それに対して、「質問」の場合は、普通に複数形を取ります。

I have two questions about your speech.
(あなたのスピーチについて、二つ質問があります)

このように、同じ単語を使っても、少しの違いで全く意味が異なる場合がありますので、気をつけましょう。

「質問ありますか?」を表すフレーズ

・questionには「質問」と「疑い」の2種類があります
・複数形は「質問」、単数は「疑い」と覚えておくとよいでしょう
・前にsomeを置いた場合などは特に気をつけましょう



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ