道に迷っちゃった(I got lost.)

これから友人の家でホームパーティー・・・

目的地まで車でレッツゴーと意気込んだはいいものの、目的地である友人の家が見つからず、道に迷ってしまった・・・

そうしたところが、目の前に親切そうな人がいる!!

さて、自分が道に迷ってしまったと、どうやって伝えたらよいでしょうか?

I lost my way.

一見、よさそうですが、これには2通りの意味があります。

1.私、人生に迷っています。

2.私、道に迷ってしまいました。

道に迷いました

まさか道の真ん中で「人生に迷いました・・・」はないと思いますが、この場面で本当に言いたいのは「道路の道に迷ってしまいました」ですよね。

まさか、見知らぬ人に「人生に迷っています」なんて言わないでしょう(笑)

実は、wayには、「文字通り道路の道」と「人生の道」と2通りの意味があるのです。

ですので、「I lost my way」は、状況によっては、「人生に迷っている」という頓珍漢な意味になりうることがあります。

まあ、実際には、道でうろうろしている人を見かけたら、「ああ、道に迷ってるんだな」と考えますので、「人生に迷っている」というのは、いささかひねりすぎの解釈なのですが、いずれにせよ、誤解を与える可能性のある表現は、できるだけ避けるのが得策というものです。

「道に迷ったの」は、次のように言えば、誤解なくストレートに伝わります。

I got lost.

あるいは、I’m lost.でもOKです。

できるだけストレートに伝わる表現を使うよう心がけましょう。

道に迷った場合には?

・I lost my way.は出来るだけ避ける
・I got(am) lost.ならすんなり「道に迷った」と伝わる
・「way」には「道路の道」と「人生の道」の二通りの意味がある

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ