順調だよ(We’re doing well)

あなたは今、ある大きなプロジェクトに取り組んでいるとします。

そして、そのプロジェクトの進捗を気にした同僚に、

「仕事、どう?」と聞かれました。

そこで、あなたは「順調だよ」と答えたいのですが、さて、何といえばよいでしょうか?

もし、ここで、We’re doing good.と答えたとすると、どういう意味になるでしょう。

善行を施しております

・・・これだと、まるで修行僧か何かです(笑)

そうではなくて、今の状況が順調に推移しているよという意味は、このような表現になります。

We’re doing well.

「good」と「well」との違いですが、意味は全く異なるわけです。

「do good」には、「善行を施す、良い行いをする、人の役に立つ」といった意味があります。

どちらかというと、宗教的な意味合いで使われることが多いフレーズです。

「仕事が順調に進んでいる」と言いたい時には、do wellを使います。

また、この「do well」には、病気が回復するという意味もありますので、覚えておくと便利です。

「順調だよ」と伝えるときには?

・We’re doing wellを覚えましょう
・do goodは宗教的な意味合いが強いので気をつけましょう
・do wellは、病気が回復するという意味もあります



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ