駅まで送ってください(Could you take me to the station?)

友達の家にお邪魔して、時間も遅くなってきたので、「そろそろ帰ろうかな・・・」と思った時、できれば友達に車で送ってもらいたいなあ・・・なんて時がありますよね。

さてさて「駅まで送ってほしいんですけど」って、何といえば良いでしょう?

「送って」に引きずられて、Could you send me to the station?と言ってしまうと、とんでもないことになります。

駅まで送ってください

・・・(笑)

「箱詰めにして送ってほしい」なんてめちゃくちゃですね(笑)

でも、「send」の「送る」は、「発送する」とか「派遣する」といったニュアンスが強く、「人を送り届ける」といった意味には聞こえないのです。

「駅まで送る」は、「連れていく」ということを意図していますよね。

そのような場合は、「take」を使うのです。

Could you take me to the station?(駅まで送っていただけますか?)

また、「車で送ってほしい」と手段を限定して伝えたい時もあります。

ひょっとしたら、自転車で送られるかもしれないからです(それはそれでありなのかも・・・)。

そんな場合は、

Could you give me a ride to the station?

または、

Could you drive me to the station?

という言い方もあります。

ただし、Could you take me to the station?と言って相手が了承すると、「車でいいかい?」のように手段の話題に移りますので、それほど心配する必要もないでしょう。

ぜひ、箱詰めにされないように気を付けましょうね(笑)

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ