高すぎて買えません(I can’t afford it.)

欲しいものがあっても、お金がなくて買えない・・・

そんなこと多いですよね。

というか、ウインドウショッピングは、ほとんどの場合、「欲しいけど買えない」という状況だと思います。

そんな姿を人に見られると、「そんなに欲しいなら買ったらいいのに!」なんて言われることがありますね。

「高すぎて買えない」

そんな状況をどう英語で表現すればよいでしょうか?

I can’t buy this.

一見、普通の表現に見えます。

確かに「買えない」状況を表しているのですが、この表現はちょっとニュアンスが違うのです。

高すぎて買えません

このサイトの色んな記事で「can’tは能力がないから~できない」という意味になることを書いてきました。

ですから、I can’t buy this.は私には買う資格がない、若しくは買う能力がないと受け取られてしまうのです。

さて、「高すぎて買えない」と言うには、以下のようなフレーズを使います。

I can’t afford it.

affordは「(~を買う)余裕がある」という意味です。

これを否定分にすると、「(~を買う)余裕がない」すなわち「高すぎて買えない」というニュアンスが良く出るのです。

「高すぎて買えません」の言い方

・I can’t afford it.が「高すぎて買えない」のニュアンスを含みます
・I can’t buy it.は「能力・資格がないので買えない」となります。
・affordはニュアンスも含め、覚えておきましょう。



あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ