2時間後に戻ります(He will be back in two hour.)

ある日、職場で電話を取ると、上司あての電話でした。

目の前にある行動予定表を見ると、上司はあと2時間は戻らない予定になっています。

電話の相手に「〇〇は2時間後に戻ります」と伝えたいのですが、ここで落とし穴があります。

我々、日本人は「~の後」は「after」と習っています。

He’ll be back after two hours.というと、「2時間たったら、そのうち戻って来ます」という意味になります。

そのうち戻ってくると思うけどね

こんな感じです。

つまり、2時間後だろうが、5時間後だろうが、1000時間後だろうが、とにかく戻ってくればOKという、そういう意味になります。

ここでは、afterではなく、inを使って以下のように言います。

He’ll be back in two hours.(2時間後に戻ってきます)

なぜ「in」を使うかと言えば、「2時間後に戻ってきます」とは、「今から2時間の範囲内で・・・」くらいの意味で言っているものです。

ですので、範囲を表す「in」を使うのがぴったりくるのです。

もちろん、こんな場合は、「after」でOKですよ。

He’ll be back after the lunch.(昼食後に戻ってきます)

この場合、「昼食」という具体的な行為が決まっているから、文字通り「~の後」で良いのです。

きちんと場合分けして、適切に使い分けられるようトレーニングしましょうね。

同僚が戻ってくる頃合いを伝えるとき

「〇〇時間したら戻ってくる」の場合は「in」を使う
昼食など、具体的行為が決まっている場合は「after」でOK!

あの有名リスニング教材にトライしてみよう

ヒアリングマラソン6か月コース「ヒアリングマラソン6か月コース」は「1000時間ヒアリングマラソンに興味はあるが、1年間できるか分からないので、まずは半分の期間で試したい」という方に、うってつけのコースです。通常の1年コースと同じものを最新号から6カ月間毎月お届け。受講期間・教材量は半分となり、より完走しやすくなります。もちろん6か月コースを完走できたら、そのまま1年コースに移行可能。最高峰のリスニング教材と評判の1000時間ヒアリングマラソンの前に、ハーフマラソンで腕試ししてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ