ネイティヴのレベルは目指さないほうが良い

ネイティヴの英語は外国人には理解できない部分もある

最近は、インターネットの発達で、世界中の人とオンライン上でコミュニケーションを取ることが簡単になっています。

たとえば、FacebookなどのSNSを通じて、特定の記事に様々な国籍の人がコメントするなんてことが珍しくなくなりました。

私も、仕事柄、世界の各国の友人とSNSやメールなどで毎日のように連絡を取っています。

そして、英語のネイティヴスピーカーがFacebook上に書き込むコメントなどを見ていて思うことがあります。

全然意味が分からない・・・

私は、仕事で英語を使いますし、映画や演劇なども英語で理解することができます。

それでもなお、ネイティブスピーカー同士が英語でやり取りしているのは理解できないのです。

しかし、それは我々日本人も同じものかもしれません。

私たちも、外国人と日本語でコミュニケーションを取るときは、どこか「よそ行きの日本語」を使うことがあります。

一方で、仲の良い友人と話す時は、お互いしか分からないような言葉を使います。

それは、両親や祖父母など、世代が違えばわからないような日本語です。

もちろん、教科書なんかに載っていません。

このように、言語の違いこそあれ、いくら勉強をしてもネイティブスピーカーが普段使っている英語は分からないものなのです。

自分の目的にあったレベルを目指そう

英語の学習を始める目的は人それぞれです。

・海外旅行を楽しみたい
・仕事で英語が必要
・試験に必要
・留学したい

そして、その目的に応じて、目指す英語力のレベルが決まります。

しかし、決して目指さないほうが良いのが、ネイティヴレベルの英語力です。

例えば、帰国子女のタレントを見てネイティブレベルの英語力を目指そうという人がいますが、やめた方が賢明です。

目標が高いのは良いことですが、ネイティブレベルを目指すという目標は、あまりにも非現実的と言わざるを得ません。

勉強の難易度は格段に上がり、手に負えなくなってしまいます。

実は、ネイティブレベルでなくても英語でのコミュニケーションに困ることはありません。

仕事や勉強で必要な英語力は、ずっと想像するより低いのです。

つまりはネイティブレベルは、無駄に高いレベルの英語力ということです。

まずは現実的な目標である「簡単な英会話ができる」レベルを目指しましょう。

このレベルでも英語が話せることは楽しく、十分に満足できます。

また、ビジネスで必要なレベルの英語も、この延長線上、しかもちょっと先のレベルでしかありません。

勉強は続ける事が一番です。ですから、無駄に力を入れず、自分のできることを一歩一歩、着実にできるように頑張りましょう。

短期間で英会話をマスターしたい方へ

スピークナチュラルスピークナチュラルは、英語がなかなか口から出てこないと悩む方に最適な英語教材です。多くの法人企業で研修用に採用されており、実績は抜群です。学習ペースにもよりますが、早ければ40日で英会話力を確実に身につけることができます。

もちろん、このブログで取り上げているフレーズもたくさん収録されています。語学留学よりも役に立つと評判のスピークナチュラルを試してみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ