ゆっくり流暢な英語が聞きやすい英語

「流暢」イコール「速い」ではない

英会話では、「流暢な英語」とは「スピードが速い英語」と誤解されがちです。

確かに、帰国子女の方がペラペラとネイティブ並みのスピードで話しているのを聞くと、「流暢に話せてうらやましい」と思ったりするものです。

しかし、聞いている側からすると、しゃべるのが速いから流暢というのは少し違います。

なぜなら、速くしゃべっていても聞き苦しい英語というのもあるからです。

例えば、中近東の方やアフリカ人の英語は、しゃべるのが速くても流暢とは感じません(もちろん個人差がありますが)。

なぜ速いのに聞き苦しいか?

それは、適切なアクセントを置いていないからです。

要は、リズムに乗って話していないから、聞いていて流暢に感じないのです。

英語は早口言葉ではありません。

せっかくしゃべっても、相手に伝わらなければ意味がありません。

適切なリズムを踏みながら話すことが大事

英語のどの部分に強勢を置いて話せばよいのかは、様々な英語教材で言及していることですので、ここで詳しい解説は行いませんが、一つ覚えておいて頂きたいのは、「少しスピードを落として話すと、自然に流暢に聞こえる」ということです。

不思議なことなのですが、日本人は(特に中高年の男性は)、少しゆっくり話すくらいの方が、相手にエレガントな印象を与えるようです。

これは、日本人にとって非常に得なことです。

これを知ってから、私もできるだけゆっくり話すように心がけるようになりました(笑)

元々、早口で話すのが速い傾向があったのですが、スピードをゆっくり話すようにしたところ、仕事仲間からも好評でした。

相手から聞き直されることもなくなったので、ストレスも減りました。

「相手に上手く伝えられない」と悩んでいる方は、意識してゆっくり話すようにしてみましょう。

周りの反応が変わることに気づくはずです。

短期間で英会話をマスターしたい方へ

スピークナチュラルスピークナチュラルは、英語がなかなか口から出てこないと悩む方に最適な英語教材です。多くの法人企業で研修用に採用されており、実績は抜群です。学習ペースにもよりますが、早ければ40日で英会話力を確実に身につけることができます。

もちろん、このブログで取り上げているフレーズもたくさん収録されています。語学留学よりも役に立つと評判のスピークナチュラルを試してみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ