スピーキングで求められるレベルは意外に低い

日本人の最大の敵はメンタルブロック

日本人が英語が苦手な理由は、もちろん日本語と英語の音の違いが原因として挙げられますが、それだけではありません。

オープンマインドな外国人と比べると、日本人はシャイな気質が故に、心理的な面に外国人と会話できないという面があります。

いわゆるメンタルブロックというものです。

よくある話ですが、日本人があまり英語が得意じゃないことを相手に伝えようとして

I don’t speak English.(英語が話せません)

と話すと、相手はすかさず

You already do!(もう話してるじゃないか!)

と、笑われてしまうといったケースは、日本人の気質をよく表していると思います。

なぜ、日本人がこのメンタルブロックを突き破れないのかというと、「日本人には妙な完璧主義があるから」だと思います。

「自分のつたない英語を話すなんて恥ずかしい」といった意識があるのです。

しかし、いざしゃべらせてみると、意外に英語でコミュニケーションができていることも少なくありません。

このように、「英語が苦手」という方は、能力的な問題以前に、その気質が問題だったりすることもあるのです。

一方で、大阪のおばちゃんのようなタイプの方もいます。

所謂、いけ図々しく話しかけるタイプです。

実際には、このようなタイプの方のほうが、英会話の能力は伸びやすいのです。

なぜなら、英語を話すことに対するメンタルブロックが一切ないからです。

つまり、「習うより慣れろ」ということです。

口で伝わらなければ、体で示す・・・・

まあ、大阪のおばちゃんのコミュニケーション能力は非常に高いといわざるを得ません(笑)

口を動かさなければ英語を話せるようにはならない

前述したように、日本人は職人気質の人が多いのか、完璧にできないくらいなら、やらない方がマシと考えている方が多いように思います。

しかし、うまく話せるようになるまで英語を話さないというのであれば、本当にいつまでたっても、上手く話せるようにはなりません。

上手くなくても話しているから、徐々にスピーキングは上手になっていくのです。

特に日本人は細かい文法などを気にして黙りこんでしまう傾向があります。

しかし、実際には、これは大した問題ではありません。

例えば、日本語を勉強中の外国人の友人がいたとします。

彼が「敬語の使い分けが上手くできない」と日本語をなかなか話そうとせずにいたらどう思うでしょう?

「細かいことを気にせず話してみれば大丈夫だよ」と言うと思います。

英語に関してまったく同じことを日本人はしているわけです。

細かい失敗を犯すことを気にしすぎています。

そのため経験が積めず、上達しないのです。

英語が話せる人は、英語を話せるようになる過程で、数多くの失敗をしてきています。

そして、その結果、英語が話せるようになっているものです。

自分の気持ちが変われば、すぐに目の前にチャンスは広がります。

文法・発音・ボキャブラリーといった英語の基礎知識は確かに重要ですが、これらの知識はスポーツでいえば、ルールブックや体の動かし方と言った理論面だけです。

例えば、野球の変化球の投げ方を、本の上だけで学んでいたから、最初から投げれるようになった・・・・なんて人はいません。

投げ方を理論的に学び、何度も何度も自分の体で動きを覚えこませる必要があります。

スピーキングもこれと同じです。

口を動かさなければ、英語を話せるようにはならないのです。

スピーキングのハードルは非常に低い

リーディングやリスニングと比べると、ビジネスの現場でも、求められるスピーキングのレベルは非常に低いです。

なぜなら、英語が上手と思われている方々でも、それほど完璧に英語は話していないからです。

スピーキングでは、要するに「相手に自分の言いたいことが伝わればよい」のです。

別に、話している合間にボディー・ランゲージを使ってもかまいません。

一方、リスニングやリーディングはどうでしょう?

相手の言うこと・書いたものを正確に理解する方が大変だと思いませんか?

スピーキングでは、「何となく」のレベルでも十分に通用するのです。

ですから、なにも我々日本人だけが完璧を求める必要などまったくありません。

勇気を持って、目の前のメンタルブロックをぶち壊してみましょう!!

メンタルブロックを壊した瞬間から英会話ははじまると言っても過言ではありません。

文法が不要なシンプルイングリッシュ

それでも文法が不安で、メンタルブロックが壊せない方には、「スピークナチュラル」をオススメします。

スピークナチュラルの中で学ぶフレーズは5~7語程度でできた短いものばかりで、そのため、複雑な文法は必要ない仕組みになっています。

初心者でも、英語をどんどん話せるきっかけとして、この教材が提唱するシンプルイングリッシュが一番近道ではないかと思います。

「こんな感じで英語は話せばよいのか!!」という事実に驚くと思います。

スピークナチュラルは、「英話を話したいけど、なかなか話せなくて・・・」といった引っ込み思案の方に自信と与えてくれる英語教材です。

管理人がこの教材をレビューしました。詳細はこちらをクリック

サブコンテンツ

このページの先頭へ