スピーキングの基本とは?

英語ができると、話すことができるは違う事

英会話の目的は、もちろん「英語でコミュニケーション」が出来るようになるためでしょう。 しかし、英語の読み書きは出来ても「スピーキング」となると全く・・・という人は多いです。

例えば、TOEICテストで高得点をとっていても、それはリスニングとリーディングが出来るという事に過ぎません。もちろん、英語の基礎が出来ているという証明ではあるのですが、それを口からアウトプットするというのはカテゴリーが違うのです。

私自身も、「リスニング」と「リーディング」は得意でしたので、英検は1級を取得していますし、TOEICも900点はコンスタントに取れるのですが、実際にビジネスシーンで英語を使えるか・・・というと確信的な自信はありません。

英語の知識と実際に話すことというのは全く別物なのです。 どんなに難解な長文を読解出来ても、難しい単語をたくさん知っていても、 最終的に話すことができなければ、英語でコミュニケーションをとるという「英会話学習の目的」を達成したことにはなりません。

アウトプットの重要性

文法や語彙を学ぶことが、頭に英語の知識を蓄積していく「インプット」の作業であるのに対して、 実際に英作文をしたり、英語を声に出して話すことは、頭に蓄積した情報を「アウトプット」のする作業です。スピーキング力を向上するには、このアウトプットの絶対量に増やさなければなりません。

文法や語彙といった知識を覚えていき、それを自在に使いこなせるようにならないと英会話の上達には繋がりません。英語を話すことは、頭の中にある「知っていること」を、口に出して言葉として具体的に発する過程を学習していくことに他なりません。

実は英会話スクールなどは、本来はそういったアウトプットの作業に活用すべきものです。 ですから、英語初心者が『スクール通い』するのは非効率的なのです。

短期間で英会話をマスターしたい方へ

スピークナチュラルスピークナチュラルは、英語がなかなか口から出てこないと悩む方に最適な英語教材です。多くの法人企業で研修用に採用されており、実績は抜群です。学習ペースにもよりますが、早ければ40日で英会話力を確実に身につけることができます。

もちろん、このブログで取り上げているフレーズもたくさん収録されています。語学留学よりも役に立つと評判のスピークナチュラルを試してみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ