成果が出るまで学習を続ける事が大事

どんなにできなくても積み重ねが大事

何事もそうですが、レベルが高くなればなるほど、右肩上がりの上達というのは望めなくなります。

英語でいえば、アルファベットを覚え、文法を覚え、単語を覚えと、基礎的な学習をしているうちは、勉強した時間に比例して能力は上がってきます。

しかし、ある段階に来ると、能力の伸びはひと段落して停滞期に入ります。

ここが一つの壁になるわけです。

この壁を乗り越えるためには、かなりの時間を集中して英語学習に費やす必要があります。

そして、学習を続けていくうちに、何かのきっかけで突然できるようになります。

ただし、そのきっかけが何かはわかりません。

人によって違いますし、時期によっても異なります。

ただ、大事なことは「能力が伸びなくても、勉強は続けていく必要がある」ということです。

この継続した学習がないと、絶対に「きっかけ」は来ません。

この「壁を乗り換えられる我慢」が、英語学習のキモといえるかもしれません。

私自身のケース

私は元々、スピーキングが苦手でした。

もちろん、基礎的な学習は十分にしていましたし、英単語、文法、発音なども、自分では問題ないレベルに来ていると感じていました。

しかし、英語が口から出ないのです。

日本語を話す時は、別に口下手ということもないし、「どうしてなんだろう・・・」と不思議に思っていました。

そんな私が壁を乗り換えられたのは、海外旅行で初めて海外の病院に行ったことがきっかけです。

詳しくはこちらのページに書いていますが、自分が病気になって、極限状態まで追い詰められたことで、突然、スピーキングができるように変わってしまったのです。

「そんな馬鹿な」と思われるかもしれません。

でも本当なのです!!

振り返ってみれば、私に足りなかったのは「危機感」だったのかもしれません。

それまでは、スピーキングができないと悩みながらも、どこか真剣ではなかったと思います。

しかし、突然、真剣にならざるを得ない状況になり、今までの勉強の成果が開花したと・・・(笑)

でも、恐らく、それまでちゃんと勉強していなければ、そんな才能の開花もなかったと思います。

皆さんもあきらめずに勉強を続けていってください。

勉強の成果は、いつか必ず出ます!!

私の使った英語教材

このサイトでもご紹介していますが、私が使っていた英語教材は「スピークナチュラル」です。

病院でのドクターとのやり取りでも、特に不自由を感じませんでした。

ですので、海外旅行レベルには十分すぎるスピーキング能力が身に付きます。

この教材でスピーキングの基礎を学び、コミュニケーションの輪を広げていってください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ