社交的になることも英会話上達には重要

英会話とは英語で交流すること

当たり前の話ですが、「英会話とは英語で交流する事」です。

つまり、目的は「交流する事」であって、「英語」は手段でしかありません。

英語自体は、英会話教材や英会話スクールなどで向上させるとしても、「交流」するためには、もう一つ重要な要素があります。

それが、「社交性」です。

あなたが普段、日本語を話しているときの社交性はどうでしょうか。

>自分の意思を言葉にしたがらなかったり、自分から話しかけることが苦手な人が、英語を学んでも、それを使う機会はありません。

もし、自分の社交性に自信がなかったり、問題があると感じているのでしたら、それは出来るだけ改善すべきポイントです。

とは言うものの、日本人に対する社交性と、外国人に対する社交性は、若干違いがあります。

端的に言えば、それほど高い社交性は必要ないということです。

特に、アメリカ人などは、日本人ほど厳格なしきたりや慣習がありません。

ですので、開けっ広げに話しかけれるか、それだけの度胸があるかという話です。

日本でやっているような接待・応対ができなければならないということではないので、勘違いしないようにしてください。

社交性は言語を超える

日本のプロゴルファーである青木功さんは、英語が話せないにも関わらず、その開けっ広げな性格で、どんどん外国人に話しかけ、たくさんの外国人の友人を持っていらっしゃいます。

往年の名プレーヤー、グレッグ・ノーマンとは、ノーマンが英語で、青木さんは日本語で会話をするそうです!!

しかし、お互いの意思疎通は完璧に行えるそうで、そばで見ている方は、信じられない面持ちでその様子を見ているとのことです。

ここまでとはいきませんが、社交性というのはある意味、最大の武器です。

時として、社交性は言語を超えるときがあります。

相手が何も話していないに、なんとなく伝えたいことが分かる・・

そういう瞬間が本当にあるのです。

その上で英語が話せれば、鬼に金棒と思いませんか?

皆さんも、せっかく英語を話すのですから、間違ってもよいから、思い切って英語で話しかけてみましょう。

日本で社交的でなくとも、英語では十分、社交的になれます。

だって、言語が違うのですから(笑)

言語が違うということは、世界が違うということ。

違う世界で、違う自分が見つけられるかもしれません。

是非、頑張ってみましょう。

短期間で英会話をマスターしたい方へ

スピークナチュラルスピークナチュラルは、英語がなかなか口から出てこないと悩む方に最適な英語教材です。多くの法人企業で研修用に採用されており、実績は抜群です。学習ペースにもよりますが、早ければ40日で英会話力を確実に身につけることができます。

もちろん、このブログで取り上げているフレーズもたくさん収録されています。語学留学よりも役に立つと評判のスピークナチュラルを試してみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ