英語のスピーキングを上達させる勉強法

英会話というからには、英語を話せるようになって、初めてその成果を実感すると言っても過言ではありません。

いつだって、スラスラと英語を話している自分をイメージして勉強を頑張ろうと思うものの、具体的にどう勉強すればよいのか、わからない事も多いですよね。

何よりもやる気が大事

ここでは、英語を話せるようになる具体的な勉強法について説明したいと思います。

英語のスピーキングスキルを上達させるための勉強法

スピーキングの勉強法としては、次の3ステップに分けて勉強することをお勧めします。

  1. 「発音を知る」
  2. 「英語を口にすることに慣れる」
  3. 「実践トレーニング」

これが私の中では、スピーキングスキルを向上させるために最も理に適っていると思っている勉強法だと思います。

それでは第1ステップから説明していきます。

第1ステップ:まずは英語の発音を知る

何はさておき、まずは発音を覚えることが先決です。

英語を話す上での基礎工事にあたるものといえます。

ここでポイントなのが「発音を知る」というレベルに留めることです。

もちろん、きれいな発音ができれば言うことなしなのですが、あまりに発音にこだわりすぎると、その後の勉強が続かなくなります。

ある程度の年齢に達してしまった方については、ネイティヴ並みのきれいな発音をしようと思っても無理です。

既に中年に達してしまった方が、プロ野球選手を目指すのに等しいレベルです。

もちろん、キチンとした発音の知識がないと、リスニングにも影響が出ますので、完全に無視するというわけにはいきませんが、あまりこだわり過ぎず、ざっと流す感じで勉強していきましょう。

極端に言えば、「L」と「R」の違いを発音できれば、それだけでも結構です。

第2ステップ:英語を口にすることに慣れる

発音がマスター出来たら、いよいよスピーキングのトレーニングを始めます。

しかし、あなたが普段、英語を話す機会がない生活をしているのであれば、どれだけ英語の知識があったとしても、「話すこと」に関しては未経験者同然です。

まずは英語を話すことに慣れることを最優先にしましょう。

この段階で英会話スクールに通って、ネイティブとフリートークなんてことをしても殆ど身になりません。

そこで、会話は置いておいて、まずは英文を口に出して読むことから始めましょう。

この段階でのスピーキングスキルを上達させるための勉強法としてオススメなのは、音読とリピーティングです。

この時期は質より量です。

口に出したことが間違っているかどうかは気にせず、どんどん進めていきましょう。

慣れてきたら、少しずつ題材をレベルアップしていきます。

特にリピーティングに関しては長い文章にトライしてみると良いでしょう。

第3ステップ:実践トレーニング

英語を口にすることに慣れてきたら、実践的なトレーニングに移ります。

音読やリピーティングの題材をペーパーバックや英字新聞、あるいはテレビのニュース番組にしたり、ネイティブと実際に会話をしてみたりします。

この段階まで来たら、英会話スクールのレッスンを受けることも選択肢に入れても構いません(逆に言うと、英会話スクールで効果を出すためには、ここまでは自分で学習しなければならないということです)。

また、英会話力というのは知識と比例します。

英語のフレーズをどんどん頭に叩き込んで「こういった時には、英語ではこんなふうに言う」というパターンを多く身につけましょう。

もし、英会話教材を使うならスピークナチュラル

とは言え、今まで述べてきた勉強法を、自分で教材を探して行うのは非常に骨が折れるでしょう。

そこで、実績ある英会話教材を使って、挫折せず、効率的な学習をしましょう。

今、非常に評価の高い英会話教材として「スピークナチュラル」が知られています。

「スピークナチュラル」は、フレーズ集の延長線上でしかない従来の英会話教材とは違って、発音・フレーズ・電話を使った実践と、上記で紹介したステップが全て組み込まれています。

英語のスピーキングを上達させたい方には、「スピークナチュラル」を一番にオススメします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ