英語の語彙力をアップさせるには・・・

英語の内容を理解するには、当たり前ですが語彙力が必要です。

例えば、This is a pen.を理解できるのは、誤解を恐れずに言えば、そこに書かれている単語の意味がわかるからです。

ある程度、学習が進んでくると、前後の文脈から未知の単語の意味を推測するという技術を身につけることも出来ますが、基礎段階では、それなりの語彙力を備えておくべきです。

そうしないと、常に辞書とにらめっこという状態が続くことになり、ストレスから挫折・・・ということになりかねません。

もちろん、勉強したての頃は、それほど多くの語彙力が必要というわけではありませんで、語彙力不足を実感する事はないでしょう。

どちらかというと、「初級者を卒業して中級者にさしかかるころ」に、自分の語彙力のなさを痛感するケースが多いようです。

単語帳で丸暗記も1つの方法

「語彙力をアップさせるには、英単語を丸暗記しなきゃ」と考える方は多いと思います。

それに対し、「単語帳で覚えようとしても非効率的だ。英単語は文章の中で覚えた方が良い」という意見があります。

その意見に耳を傾けているのか、最近の単語帳は、「単語を掲載し、その隣に例文を挙げる」というスタイルをとっているのが多いように思います。

しかし、私は、ある程度、学習の進んだ中級者の方であれば、単語帳に掲げられている単語は、けっこうガリガリ覚えられると思います。

そして、その単語がどのようなニュアンスで使用されているのかを確認するために、サラッとその例文を読んでみるという方が良いと思います。

ただし、この方法には注意点があります。

それは、「初級者を卒業出来るレベル」にある方に実践して欲しいと言うことです。

「なぜ、単語帳の単語だけを覚えるのは非効率的だ」という論調が出てくる大きな原因は、初級者の方が単語帳の丸暗記に走るからです。その言語に通じていないのに、単語だけ丸暗記しようとするのは、確かに非効率的でしょう。

それに対し、中級者レベルになると、ある程度、基礎的な単語は頭に入っているため、丸暗記という無理が意外に効きます。

さらに、「文章を読むよりも、単語だけを覚えた方が、学習効率は良い」に決まっています。例えば、「pen」という単語を覚えようとして、This is a pen.の4語を読んで覚えるよりも、「pen」の一語を読んで覚えた方が、目にする単語は単純に4分の1で済みます。

まずは一度、トライしてみてください。

そして、単語帳を選択する際には、必ずCD教材が付属していることが重要です。「単語は紙に書いて覚える」よりも、「耳で聞いて覚える」方が効率が良いからです。

例えば、以下の様な教材がありますので、参考にしてみてください。

実際に、私も使用してみましたが、最近の教材はなかなか良く出来ているなと思いました。私が勉強した時代には、こんな教材はありませんでしたので・・・(苦笑)

サブコンテンツ

このページの先頭へ