初心者は無料動画でリスニングを鍛えようとしてはいけない

無料の英語素材はたくさんあるけれど・・・

ネット上には、YouTubeなどの動画サイトでCNNやABCニュースなど、リスニングの勉強に使えそうな素材がたくさん転がっています。

私も暇な時間を利用して、これらのニュースを見ることはあります。

しかし、学習用として無料動画を使用することは感心しません。

特に初心者の方にとっては、なんとなくわかったような気になるか、まったくわからないか。

いずれにせよ、壮大な時間の無駄になることは間違いありません。

考えてみればこれは当然のことです。

日本のニュースでさえ、アナウンサーの話すスピードが速かったり、話のテーマが専門的すぎたり、様々な理由で理解できないことがあります。

実際、英語力に関係なく、話の内容によって理解できなかったりすることも少なくないでしょう。

これを英語で聞くとなると、やはり初心者では太刀打ちできません。

さらに、なぜ自分が分からないのか、その原因も理解できません。

当たり前のことですが、ネット上の無料素材は、英語の勉強用に作られているわけではありません。

まずは、リスニング力を向上させなければならないのですから、初心者かリスニングを苦手としている方は、初めのうちは有料であっても、ちゃんとリスニング用の教材として作成されたものを聞くようにしましょう。

金銭的な面よりも、勉強が続かないことの方が損失は大きい

初心者やリスニングが苦手な方向けの英語教材は、初心者でも聞き取れるように、スピードや音量が調整されていたり、きれいに発音がされています。

一方、無料素材については、そのような加工はされていません。

また、無料のものは英文のスクリプトや日本語訳がついていないものがほとんどです。

初心者がこのような難しい教材を使って勉強しようとしても、まず間違いなく挫折します。

「無料」という言葉は非常に魅力的ですが、英語学習における最大の損失は「勉強を続けられなくなること(要は挫折してしまうこと)」です。

有料の英語教材は、挫折しないように非常に良くできています。

費やした時間やお金がきちんと帰ってくるようにできているのです。

せっかく費やした貴重な時間ですから、効果の上がる方法を選択すべきだと思います。

お金を基準に学習教材を決めるのは賢い方法ではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ