海外のドラマや映画を活用しよう

海外ドラマを活用しよう

海外ドラマのDVDを英語学習に活用するという方法は、ここ数年でかなりメジャーなものになりました。このようなDVDには、日本語訳はもちろん、英語の原文が字幕として表示されているものも多いですので、十分に英語教材として使うことが出来ます。

海外ドラマが学習素材として優れている点は、「生きた英語」が収録されている所にあります。日本製の英会話教材では、どうしても教育目的が第一に来てしまいますので、その時の時代背景やその場の雰囲気を教材に取り入れるのは無理があります。そのため、やはり海外ドラマに収録されているような「生きた英語」にかなわない点が、どうしても出てくるのです。

その他にも、ストーリーも楽しむことができるから、苦痛を感じる事なく、楽しんで英語に触れることができます。ドラマや映画といったエンターテインメント作品を使った英語学習は継続しやすく、記憶にも定着しやすいものなのです。

ただし、海外ドラマや映画は、ある程度の英語力がある人でなければ、内容について行けません。 英語初学者の方が、いきなり字幕なしで海外ドラマから始めるというのは少し無理があります。リスニングスキルが中級者くらいになってきてから、チャレンジしてみてください。

海外ドラマを使った勉強法

海外ドラマを使った学習は、基本的には下記のような流れで進めていきます。

まずは字幕なしで映像だけを鑑賞してみます。字幕なしの状態で映像だけでドラマを楽しんでください。日本語字幕だけでなく、英語の字幕も見ないようにしてください。ともかく最初は、映像と音声のみで英語を理解するように心がけてください。

一通り字幕なしで鑑賞したら、次は英語字幕つきで鑑賞してみましょう。文字情報なしでは何を言ってるかサッパリわからなかったという方、今回は英語のスクリプトが表示されるため、多少理解は容易になります。とくに、知っている単語なのに聞き取れなかった!という発見に驚くステップですね。

最後に、日本語字幕で意味を理解してください。ここでポイントなのが、日本語字幕はあくまで参考程度にとどめるということです。実は、映像翻訳の世界では、俳優が言ったことをそのまま直訳しているのではなく、日本人に受けが良いように、思い切った意訳ををしている事があるからです。

例えば、こんな感じです。

(ある映画のワンシーンで、丸坊主にした子供のあたまをなでて主演俳優が一言・・・)

【英語を直訳したセリフ】  本当につるつるにしちまったんだな・・・

【日本語字幕のセリフ】   これじゃ、まるでミソのCMだ・・・

私たちが目指しているのは、リスニング能力の向上であって、映像翻訳の技術ではありません。ですので、日本語字幕は、必ずしも英語の原文を反映しているわけではないと言う点に注意してください。

日本語で、ドラマ内容を完全に把握したら最後にもう一回『字幕なし』映像のみでドラマを鑑賞してみましょう。このステップを繰り返すことで、リスニング能力はかなり向上と思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ