発音の勉強はリスニング上達への近道

英語の発音を身につける価値はあるのか?

発音は「話す」ことには影響するけれど『聞く』ことにはあまり関係ないのでは・・・と考える方もいらっしゃるかも知れませんが、それは違います。話すためにだけでなく、聞くためにも発音は重要です。なぜなら、正しい英語の発音ができるようにならなければ、そもそも英語の音を聞き分けるのは無理な話だからです。正確にいえば、発音を勉強しなくてもある程度までは英語を聞き取れるようになるけど、どこかで頭打ちになってしまいます。

ですので、英語のリスニングが苦手な人がまず始めにしなければならないのは、 やみくもに英語を聞き取ることではなく、発音の勉強なのです。

発音がダメだとリスニングは上達しないのは何故?

英語初学者の方にとって、発音トレーニングは早ければ早いほど良いと言われています。でも、なぜ発音に関する知識がないと、リスニングスキルが上達しないのでしょうか?

これは英語と日本語が根本的に違う構造をしていることに原因があります。日本語は母音のみ、若しくは母音と子音の組み合わせです。例えば、「あいうえお」は全部母音ですし、「かきくけこ」はローマ字で表すと「KA KI KU KE KO」で「K」と母音の組み合わせです。

他方、英語は必ずしも母音が中心というわけでなく、子音のみで構成される音も存在します。そのため、英語の発音に使用される音域は、日本語に比べて広いので、日本語で発音される周波数帯を外れた音は、日本人には聞き取りにくいのです。

結論として、このような日本語にない音を早く認識する方が、後々の学習がスムーズに行く・・・と言うことで、初期の段階から発音の勉強をすることは非常に大事なのです。

学習の初期段階で発音を身につける

学習の初期段階で発音を勉強するもう一つの意義は、「間違った発音のまま英語を勉強してきてしまった場合、 後になればなるほど正しい発音に戻すのが困難になる」からです。例えば、「Thank you」を「サンキュー」と発音する人は、典型的な日本製カタカナ英語の発音が染みついてしまっています。「Apple」を「アップル」と発音する外国人はいないのです。

ですから、まずは騙されたと思って、発音の勉強をしてみてくださいというのが当サイト管理人の意見です。確かに、始めは苦しいかも知れませんが、ぜひダメ元で発音の勉強をしてみてください。文字通り、すぐに違いを実感できます。

発音とリスニングを効果的に勉強するには

日本人が英語を聴き取れないのは、子音の音を瞬時に聞き分け・分析する能力を持っていないためです。英語の子音を一つずつ、こういう音なんだということを知識として理解する必要があります。また、それを通じて、普段、日本語では使われない音域に耳を慣らしていくトレーニングも必要です。

発音に関しては、いろんな参考書が出版されていますが、「本を読んでみたけど、理解がイマイチ・・・」という場合には、リスニングパワーという教材を試してみてください。

日本人向けに分かりやすくした音から始めて、だんだんナチュラル英語に耳を慣らしていくという内容ですが、非常に工夫されていて、繰り返し聴いているうちに耳が英語になれてくるのを実感できます。実際に、「いろんな書籍を読んでみたけどダメだった」と言う多くの方が効果を実感していますので、販売サイトにあるサンプルを試してみるのも良いかと思います。

リスニングパワーは、語学教材のなかでは安価なので、費用対効果は高いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ