言葉と音のずれを修正しよう

リスニングが不得意という人にありがちなのですが、耳から聞こえてくる言葉と目で見る言葉が異なっているケースがあります。スクリプトをみれば、初歩的なフレーズなのに、耳で聞くと、全然別物に聞こえるという状況です。

これは、耳が英語に慣れていない初級者のうちに良く起こるケースです。

たとえば、本間さんという方がいたとして、これを外国人の方に読んでもらうと「ハマ」と聞こえることがあります。そうなると、「ハマさんって誰だっけ???」となってしまうのです。なぜ、「ホンマ」を外国人に読ませると「ハマ」と聞こえるのか?これは音声学を研究していくとわかることなのですが、そこまで行くとあまりに専門的になってしまうので、この場では差し控えます。

いずれにせよ、自分の得た机上の知識と実際の音のずれが、初級者の方に難問である事には間違いありません。

その認識のずれは、一つずつこつこつと自分の中で直していくしかありません。この分野については根気が勝負です。ただし、それほど恐れることはありません。なぜなら、このような作業を繰り返していくと、あるとき「ひょっとして、この人はこの言葉を発音しているのかな?」と自然に自分の中で想像できる時がかならずやってくるからです。

また、会話している場面で、本当にわからなくなったら、その場で聞き直せば良いだけです。

要は、英語の音に関するデータベースをある程度、頭に蓄積すれば、そのうち、音を聴いた瞬間、頭で理解できるようになります。小さな子供であれば、音を聞くだけで学習することが出来るのですが、成人の場合、知識で確認していくしかありません。

英語学習者にとって少し高い壁ですが、英会話攻略のための必須作業と考えて、頑張っていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ