速聴の効果とは?

評価が高い英語教材の中には、速聴を取り入れているものがあります。

今現在、最も有名な教材をあげるとしたら、「スーパーエルマー」でしょうか。速聴というのは、音声を2倍~3倍のスピードにして聴き、その後にナチュラルスピードの音声を聴くという方法です。

例えば、時速100kmで高速道路で車を運転していると、脳がその速さになれてしまい、高速を出て一般道に戻ったとき、40kmのスピードを「遅い」と感じるようになります。これは、時速100kmのスピードに脳が慣れてしまい、自然と自分の中でも情報処理能力が上がっているからです。

速聴はその原理をリスニングに応用したものです。私も実体験として、速聴の効果を肌で感じた人間の一人です。

速聴で勉強するとリスニング能力が向上する

「スーパーエルマー」の公式サイトにサンプル教材がありますので、こちらを試してみて下さい。

どうでしょう?2倍速の音声を聞いた後に、通常のスピードで聴くと、「なんかゆっくりとしゃべってるなあ・・・」といった感覚になりませんでしょうか?

私も初めて経験した時には驚いたのですが、何度聞き返しても聴き取れなかったフレーズが、倍速スピードの音声を聞いた後だと簡単に理解出来ます。なお、スーパーエルマーでは、5段階のスピード構成がなされています。

リスニングが苦手な人には、オススメの勉強法です。

速聴ソフトを利用して、英語教材を作ってみる

しかしながら、速聴を取り入れた英会話教材というのは、それほど多くありません。スーパーエルマーの他には、ミミテック英語マスターがあるくらいです。

他には、速聴教材は、専用ソフトを使うと自分で作ることもできます。

スピードリスニングというソフトを利用すると、あらゆる音声を3倍までの間でスピード変換をさせることが出来ます。自宅にある様々な英語教材のCDをパソコンに取り込んで、このソフトで変換すれば、速聴教材の出来上がります。

これだと幾らでも、自分で学習用素材を量産することが可能となります。

スピードリスニングは1万円するソフトなので、ちょっと値が張りますが、一度購入すれば、あとは音声の素材がある限り、幾らでも教材を作成することが出来るので、購入して試してみるのも良いかと思います。

速聴で英語を勉強する時の注意点

最後に、速聴の注意点です。

基本的には、倍速の音声を聴いたあと、ナチュラルスピードの英語を聴くという流れでいいのですが、その内容は完全に把握しておく必要があります。そもそも、ナチュラルスピードでも何を言っているのか、わからないという状況で、倍速にしても訳がわからなくなるだけです。

これでは苦痛でたまりません。

意味が分からない言葉を聴いても理解することは出来ないですし、理解出来ない言葉は雑音と同義です。学習効果もあがりません。ですので、速聴で勉強する時には、意味の分かる内容を聴くことが大前提となります。

これさえ間違えなければ、速聴は英語のリスニングスキル向上に大きく役立ちます。人によっては、本当に劇的な効果を産むこともありますので、ぜひ皆さんの学習に取り入れてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ