ペーパーバックを読んでみよう

ペーパーバックとは?

ペーパーバックとは、「低コスト印刷紙で作られた本」のことを指します。要は、ハードカバーではない書籍のことです。日本ではペーパーバックは、「英語で書かれた海外の小説」という認識ですが、本来はちょっと違うのですね。いずれにせよ、多くのペーパーバックが主に小説を取り扱っているという点は間違いありません。

日本人がペーパーバックを読む理由は、「海外小説を楽しみたい、まだ翻訳されていない海外の読み物を原文のまま読みたい」ということ、「TOEICテストのリーディング対策として使用したい」という理由が主のようです。

ペーパーバックを読む

ペーパーバックを活用した英語学習法は、初学者の方にはあまりオススメできません。まずは、英語の基礎力をつける方が先決です。TOEIC500点、英検2級くらいの英語力があるなら、そこそこの語彙・文法力も身についているはずですから、 簡単なペーパバックであれば読んでいけるはずです。

ペーパーバック初挑戦としてオススメしたい本は、「ハリー・ポッター」です。

本書は、多くの英会話スクール講師などからも英語学習素材として推奨されている折り紙つきの一冊です。内容的にも非常に平易なものですので、是非、チャレンジしてみて下さい。

ただし、ここで注意しなければならないのは、英文学は日本語に訳しても理解が難しい箇所があります。それは、いくら内容的に平易なハリーポッターシリーズでも同じです。皆さんが目指しているのは、あくまで「英会話」ですから、あまり難しい文章理解に固執せず、「毎日、英語に触れられてOK」くらいの軽い気持ちで読み進めてみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ